論語語釈「ツ」

目的の項目が表示されるまでに時間が掛かる場合があります。もしurl欄に目的の漢字が無い場合、リンクミスですので訳者にご一報頂けると幸いです。
語釈 urlリンクミス

通(ツ/ツウ・10画)

→通(トウ・10画)

追(ツイ・9画)

追 金文
余贎乘兒鐘・春秋末期

初出は甲骨文。カールグレン上古音はti̯wər(平)。

学研漢和大字典

形声。右側の字(音タイ・ツイ)は、物を積み重ねたさまを描いた象形文字。堆(タイ)と同じ。追においては音をあらわすだけで、その原義とは関係がない。順や循(ジュン)(あとに従う)は、追の語尾がnに転じた語で、追と同系。類義語の逐(チク)は、つつくようにしておい払うこと。

語義

  1. {動詞}おう(おふ)。先にいくもののあとをおう。ルートをたどっておいかける。《類義語》逐(チク)。「追跡」「追我者誰也=我を追ふ者は誰ぞや」〔孟子・離下〕
  2. {動詞}おう(おふ)。事のすんだあとからおいかけて、必要な事をつけ加える。「追記」「追認」。
  3. {動詞}おう(おふ)。逃がさないようにつかまえる。おいつく。《類義語》及。「追及」「来前猶可追=来たる前はなほ追ふべし」〔論語・微子〕

字通

[会意]𠂤(し)+辵(ちやく)。〔説文〕二下に「逐ふなり」とし、𠂤(たい)声とする。次条に「逐は追ふなり」と互訓し、逐を会意とするが、追・逐とも会意である。〔説文〕は𠂤を小阜(ふ)にして堆土の意とするが、𠂤は卜文・金文に師旅の師の字に用い、その初文。軍を派遣するとき、軍社の祭肉を奉じてゆくが、𠂤はその祭肉の象。遣は𠂤を両手で奉じてゆく形。追とは軍を派遣して追撃することをいう。逐は田猟に用い、獣を逐う意である。また鎚(たい)と通用し、うちきたえることをいう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)