論語陽貨篇第十七・宰我問うの章逐語訳

宰我が問うた。三年の喪は長すぎます。君子が三年も礼法を稽古しなければ、忘れてしまいます。三年も音楽を稽古しなければ、忘れてしまいます。古い穀物を食べ尽くし、新しい穀物が食卓に上る頃、かまどの火も改めて打ち起こします。その一年ほどで十分では。

孔子が言った。新しい穀物を食べ、新しい絹を着て、お前は平気なのか。

平気です。

平気ならそうしなさい。そもそも君子の喪中は、食べても美味しいと感じず、音楽を聴いても楽しくなく、居ても立っても心が騒ぐから、そういうことをしないのだ。今お前は平気だと言ったのだから、やりなさい。

宰我が出た。孔子が言った。宰我には情けが無いな。子は生まれて三年、その後父母のふところから離れる。だから三年の喪が、天下の通例なのだ。宰我は三年の愛を父母から受けたのだろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)