論語季氏篇第十六-1 逐語全訳

論語季氏篇第十六-1 逐語全訳

季康子が顓臾センユを伐とうとした。冉有と季路(子路)が孔子のお目にかかって言った。
「季氏は今にも顓臾と事を構えようとしています。」

孔子が言った。
「求(冉有)よ。ではお前には過失がないのか。そもそも顓臾は、かつて先王が東方の蒙山の主と定めたのだ。その上我が魯の領域内にしかとある。これは魯国の臣下である。なぜ伐つのか。」

冉有が言った。
「主人季氏が望むのです。我ら二人は望まぬのです。」

孔子が言った。
「求よ。(歴史家の)周任が言ったではないか。力を尽くして家臣の列に連なり、能が及ばなければやめる。主人が危うくても支えず、倒れても助けないなら、補佐役が何の用になるのか、と。さらにお前の言葉には間違いがある。虎や野牛が檻から出、亀の甲羅や玉が宝箱の中で壊れたなら、これは誰の過ちか。」

冉有が言った。
「今や顓臾は、守りが固くて費邑に近い。今取らねば、後の世に必ず子孫の憂いとなるでしょう。」

孔子が言った。
「求よ。君子は欲を隠して、軽々しくこじつけを言うのを憎む。私が聞き知っている所では、国や家を治める者は、不足より不均衡を憂う。貧しさより不安を憂う。そもそも均等なら貧乏はなく、融通し合えば不足はなく、安心すれば動揺はないからだ。そうだろう。だから遠くの人が服従しないなら、文化や技術を高めて待っていればいい。やってきたら、安心させてやればいい。今やお前たち子路と冉有は季氏の補佐役だ。なのに遠くの人を服従させられず、招き寄せることも出来ないなら、我が国はばらばらに崩れ、守ることが出来ないだろう。それなのに国内で戦いを起こそうとしている。私は季氏を心配しているのだ。顓臾ではない。家の囲いの中なのだ。」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)