論語詳解291顔淵篇第十二(13)訳注

『論語集注』

原文

子曰:「聽訟,吾猶人也,必也使無訟乎!」范氏曰:「聽訟者,治其末,塞其流也。正其本,清其源,則無訟矣。」楊氏曰「子路片言可以折獄,而不知以禮遜為國,則未能使民無訟者也。故又記孔子之言,以見聖人不以聽訟為難,而以使民無訟為貴。」

書き下し

子曰く、「訟を聴くこと吾猶お人のごとし也。必也訟え無から使めん乎。」范氏曰く、「訟を聴く、其れ末を治めて其の流れを塞ぐ也。其の本を正し、其の源清からば、則ち訟え無きなり。」楊氏曰く、「子路片言もて以て獄を折む可し。し而礼遜を以て国を為むるを知ら不。則ち未だ能く民を使て訟え無からしむる者也。故に又た孔子之言を記して、以て聖人の訟えを聴くを以て難しと為さ不をあらわし、し而以て民を使て訟え無からしむるを貴しと為す。」

現代語訳

范祖禹氏「裁判の判決を下すのは、事件の結果を罰して予防するだけだ。民の性根を叩き直しておとなしくさせれば、そもそも裁判などやらずに済む。」
楊時氏「子路はカタコトだけで判決が下せると言うが、バカで乱暴者だから、礼儀や譲り合いで国を治める方法を知らんのだ。だから訴訟沙汰が止まない。だからここに孔子様のお言葉を記して、聖人にとっては裁判など造作もないことを示したまい、そもそも民に訴訟沙汰を起こさせないことの尊さを記したもうたのだ。


論語顔淵篇(13)に戻る

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)