『ブッダ最後の旅』大パリニッバーナ経

以下は、論語里仁篇3の説明のために全文引用したもの。このページへの直リンクは避けて下さい。

〔ブッダ〕「さてプックサよ。あるとき、わたしはアートゥマー(村)で(籾殻の家*)に住した。ちょうどそのとき天に雨降り、天に雷鳴し、電光閃き、雷電がとどろいて、(籾殻の家)の兄弟二人の農夫と四頭の牛とが殺された。そのとき、アートゥマーから大群衆が出てきて、かの兄弟二人の農夫と四頭の牛が殺されたところに近づいた。

さてプックサよ。そのとき、わたしは(籾殻の家)から出て、その戸口の露地でそぞろ歩きしていた。そのとき、かの大群衆の中からある男がわたしのいたところに近づいて来た。近づいて、わたしに敬礼して、一方に立った。一方に立ったかの男に、わたしはこう言った。―

『友よ。この大群衆が集まっているのは、どうしてですか?』

『尊い方よ。今、天に雨降り、天に雷鳴し、電光閃き、雷電がとどろいて、兄弟二人の農夫と四頭の牛とが殺されました。だから*この大群衆が集まっているのです。ところで、あなたは*どこにいらっしゃったのですか?』

『友よ。わたしはここにいたのです。』

『では何を見られましたか?』

『友よ。何も見ませんでした。』

『では、音をお聞きになりましたか?』

『友よ。わたしは音を聞きませんでした。』

『では、あなたは眠っていらっしゃったのですか?』

『友よ。わたしは眠ってはいませんでした。』

『では、尊い方よ。あなたは目覚めていらしゃったのですか?』

『そうです、友よ。』

『では、尊い方よ。あなたは目覚めていて覚醒しておられたけれども、天に雨降り、天に雷鳴し、電光閃き、雷電がとどろいたときにも、それを見ず、音をも聞かなかった、とおっしゃるのですか?』

『そうです、友よ。』


籾殻の家―bhusāgāra. 刊行者はこれを固有名詞と解して Bhusāgāra と記して最初の字を大文字にしているが、「遊行経」(大正蔵、一巻一九ページ上)は「一草廬」と訳し、普通名詞に解する。

だから―ettha(=etasmiṃ kāraṇe 、 Sum. -vil. p.569).

あなたは―tvam. これは対話の相手を意味するときの普通名詞である。つまりゴータマ・ブッダと対談した男は、ゴータマを普通の相手を見なしていたのである。信徒が仏に呼びかけているのとは全然異なる。

中村元『ブッダ最後の旅 大パリニッバーナ経』岩波文庫
第四章三〇~三二


論語里仁篇3に戻る

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)