論語に見る弟子の言葉(その他の弟子)現代語訳

スポンサーリンク
スポンサーリンク



論語に見る弟子の言葉(その他の弟子):要約

論語 孔子 微笑み 論語 アルファー 10
アルファー:孔子先生の解説は、訳者が詳解を書き終えてから掲載します。しばらくお待ち下さい!

有若(有子、子有)

詳細は論語の人物:有若子有参照。

有先生のお説教。「孝行者は、不作法もしないし暴れて国も荒らさないのである。君子の基本は孝行である。君子は基本に努めるものである。だから君子にとって最上の徳である仁も、孝行が基本なのかも知れないと思われる。わかったかお前たち。」わかりません。(学而篇)

さらに詳しく

有先生のお説教。「作法の目的は、人間関係を和ませることにある。我々が模範とすべきいにしえの聖王も、作法を通じた和みをよしとされ、何事も、なごみを目指して作法に励んだ。しかしそれでは作法が無意味になる場合がある。和めばいいと考えるのがそれで、作法でけじめをつけなければ、作法に大した意味はなくなってしまう。」(学而篇)

さらに詳しく

有先生のお説教。「正直を貫くにも、正義に従っていれば、言ったことを実行できるのである。うやうやしさも作法にかなっていれば、恥ずかしい思いをしなくて済むのである。誰かとつるむにも、親族とつるむようにしていれば、たいそう仲むつまじく過ごせるのである。」(学而篇)

さらに詳しく

若殿の哀公「今年は不作じゃ。予算が足りぬ。どうしよう。」
有若「十分の一税*でどうでしょう。」
「十分の二取っても足りぬのじゃ。半分に出来るものか。」
「民が足りているなら、殿も足りるはず。逆もまたしかりでございますよ。」(顔淵篇)

*原文「徹」。周王朝伝統の税法で、廃れていたらしい。

さらに詳しく

曾参ソウシン(曽子)

詳細は論語の人物:曽参子輿を参照。

私は毎日三つのことを反省します。誰かの相談に乗ってやって、心にもないことを言わなかったか。友達づきあいで約束を破らなかったか。自分に出来もしない事を、偉そうに誰かに講釈しなかったか。(学而篇)

さらに詳しく

自分もいずれ死ぬのだからと言動行動を慎んで、過去を振り返るようにしていれば、人々の性格はきっと温厚になるものだよ。(学而篇)

さらに詳しく

曽子が死病にとりつかれた。弟子を呼んで言った。

「私の足を開け。手を開け。〔傷はあるか?〕『詩経』に言う…。」

恐れおののき、
慎み深く、
深い淵のほとりにいるように、
薄い氷の上をあるくように
〔父母から受けた身を傷付けてはならない〕

「…これでもうお役ご免だ、君たち!」(泰伯篇)

さらに詳しく

曽子が死病にとりつかれ、孟敬子が見舞いに来た。

曽子「鳥の死に際の声は哀しく、人の死に際の言葉はよい、という。よく聞け、君子が尊ぶべき道は三つだ…。」

外見を正しく振る舞えば、わがままとおごりから逃れる。
顔つきを正しく整えれば、人の信頼を得られる。
言葉を正しく述べれば、下品や非道から逃れる。

「…これさえ出来れば、お作法のこまごましたことなぞ、役目の者に任せればいい。」(泰伯篇)

さらに詳しく

曽子「能があっても能のない者に問い、多く知っていても少なくしか知らない者に問う。智恵を持っていても無いように振る舞い、道徳に満ちていても足らないように控える。こうして自分の殻を突破して成長した。昔我が友は、このような日々を過ごしていた。」(泰伯篇)

*顔回のこと、と古来言われる。

さらに詳しく

曽子「孤児となった幼い主君を守り、小さいながら国を切り盛りし、時代の転換期にも地位を奪えない人は君子か。君子である。」(泰伯篇)

さらに詳しく

士族は心広々と、また意志が強くなくてはならぬ。
その務めは重く、行くべき道は遠い。
仁の実践を自分の務めと心得る、たいそう重い務めだ。
死ぬまでそれをやり続ける、本当に遠いことだ。(泰伯篇)

さらに詳しく

君子は高尚な趣味の会で友人を集め、その交友で仁を養成する。(顔淵篇)

さらに詳しく

私はウスノロですから、分相応のことしか考えられません。(憲問篇)

さらに詳しく

10

堂々としているなあ、子張は。
こういう人物と一緒に人の情けは実践しがたい。(子張篇)

11

魯の家老孟氏が、曽子の弟子陽膚ヨウフを取り立てて検察官にするという。陽膚が師匠の曽子に相談した。

曽子「お歴々が無茶な政治をし、民が逃げ散るようになって長い。お前は犯罪の情報を掴んでも、犯人を哀れんで、喜ぶような真似をせぬように。」(子張篇)

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

スポンサーリンク
スポンサーリンク